赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

ブログ

漢方の視点から見るアトピーの方の食養生

○食事と病気は密接に関係している!!

塩辛い物を摂り続けると高血圧や腎臓病に、甘い物を摂り過ぎると糖尿病に、油物を摂り過ぎるとニキビが悪化する、ビールをたくさん飲んだ次の日は花粉症がひどくなるように、アトピー性皮膚炎に限らず、食事は病気と密接関わっています。

また、アトピー性皮膚炎は昔は現在よりも少なくインスタント食品、ファーストフード、食の欧米化によりアトピーの方が増えております。これは添加物、動物性脂肪、糖質などの過剰摂取が原因であり、特に成人になってもアトピーが治らなかったり再発する人はこのような食事が多いことが考えられます。

逆に言えば、西洋薬を使用している人も漢方薬を服用している人も、食養生をしなければアトピーは治らないと言えます。

では、どのような事に気を付けて食事をしないといけないのでしょうか?


○アトピーの方の食養生

アトピーと言っても炎症が強い人もいれば、炎症があまりなくカサカサしている人もおり、体質も一人一人違うので、食養生も異なります
ので、自分の症状に食べたものがどう影響したか、確かめながら良い物、悪い物を判断していくことが大切です。

しかし、基本的には、ファーストフードやインスタント食品、コンビニ弁当、ジュース、お菓子、アルコール、肉類(特に牛肉)、辛いものなど一般的に摂り過ぎると体に悪いと言われるものは控える必要があります。また、もちろんですが、アレルゲンとなっている食品は控えて下さい。


・カロリーの高いもの(肉類や油物)を控える。

カロリーは日本語で熱量のことで、炎症(熱症状)が強いのだから熱量が高いと症状がひどくなるのは当たりまえです。火に油を注ぐようなものです!!牛肉や豚肉を控え鶏肉や焼き魚、煮魚を食べましょう。


・アルコールや香辛料などの辛いものを控える。

アルコールやコーヒーなどの刺激物や、胡椒、わさび、唐辛子などの香辛料は皮膚の血管を拡張させるので、皮膚の炎症を悪化させたり、痒みを増強させます。


・炎症が強い人は清熱作用のある生野菜を摂る。

生野菜(特に夏野菜)は身体を冷やす作用があり、体内を掃除してくれます。


・炎症がなく肌がカサカサする人は温野菜(根菜類)を摂る。

ニンジンやかぼちゃなどの根菜類は身体を温める作用があります。また、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEを多く含んでおります。皮膚の乾燥を防いだり、痒みの悪化の原因となる酸化を防いでくれます。


・海藻類を多く摂る。

海藻はミネラルを多く含んでおり、肌をきれいにしてくれます。


・糖分(特に白砂糖)を控える。

砂糖は体内で代謝される際にカルシウムを大量に消費します。カルシウムはアレルギー反応を抑えたり、炎症反応を抑えたり。神経を安定させたりする作用があるので、カルシウムの不足はアトピー性皮膚炎を悪化させます。ジュースや清涼飲料水、果物も糖分を多量に含んでいるので控えるようにしましょう。


・塩分は少なく、味付けは薄めにする。


いろいろと書きましたが、簡単に言えば、おみそ汁や煮野菜、焼き魚などの昔の和食を中心とした食生活にすることが大切です!!
 


電話相談:0773-42-0429
(ご来店のお客様がいる時は掛け直して頂くことがあります。)

相談可能時間:平日9時~18時 日曜日10時~17時 定休日:木曜日、祝日



 

2016-08-24 14:10:59

アトピー性皮膚炎   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakuzenyu-yu.co.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/s5744730/EID/4

トラックバック記事一覧