赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

ブログ

足のむくみはなぜ起こるの?~むくみが出やすい3つの原因と、使用する漢方薬~

今回は女性や老人の悩みに多いむくみについて記事の記事です。

夕方になると足がむくんで困るという方が多いのではないでしょうか。

まずは、むくみが出やすい原因を説明していきます。


○むくみが出やすい原因

1、筋力が弱い

ふくらはぎは第2の心臓と言われるように、下半身に溜まった血液やリンパ液を循環させるポンプの役割があります。
ふくらはぎの筋肉が弱いと血液やリンパ液を十分に循環させることができずにむくんでしまいます。

女性や老人は成人男性に比べ筋力が弱いためにむくみやすいのです。


2、腎機能が弱い

腎機能はおしっこを出すことによって水分代謝を行っていますが、腎機能が弱いと水分代謝がしっかりと出来ずにむくみます。
腎機能は足腰の筋力と比例しており、足腰が弱ると腎機能も低下します。朝起きると腰がだるく痛くなりやすい方ややトイレが近いという方は、腎機能が弱い場合が多いです。

また、漢方では腎は生命力の源と考えられており、体の成長、筋肉の発達、血液の生成、骨の生成、生殖など生命活動のエネルギー源と考えられております。腎が弱いと体全体の機能が弱く、むくみだけでなく、貧血、妊娠しにくい、身体が冷えやすいなどの様々な症状が出ます。


3、貧血気味、低血圧

貧血気味や低血圧だと、疲れやすく、循環、代謝機能が弱いためにむくみやすくなります。循環、代謝機能が弱いというのは川でいえば、流れが弱いということです。流れが弱いと、当然滞りやすく、末端まで血液が届きにくく、末端の血液やリンパ液が戻って来にくくなりむくみやすくなります。


その他にも心臓が弱い、静脈瘤がある、肝機能障害など様々ありますが、一般的に女性や老人に多いむくみの原因は上記のものとなります。


そして、原因についていろいろ書きましたが、原因が一つであることはまれです。

例えば、漢方でいう「腎」が弱い方や機能が低下した方は、血液を作る働きが弱く、貧血になりやすいですし、筋力が弱い人は低血圧にもなりやすいという風に、それぞれ繋がっています。

では、むくみに使用する漢方薬はどのようなものがあるか見て行きましょう。


○むくみに使用する漢方薬


・貧血気味で疲れやすくむくみやすい人の漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

→血を作り、血行を良くし、体を温める、トウキ、シャクヤク、センキュウと水分の代謝を促す、ビャクジュツ、ブクリョウ、タクシャという生薬で構成された漢方薬です。
イメージ的には色白でやわ肌の少しぽっちゃりした女性に使用します。


・貧血気味で疲れやすく、胃腸が弱く、冷えのぼせしやすい人のむくみに使用する漢方薬

人参当芍散(にんじんとうしゃくさん)

→上記、当帰芍薬散に胃腸の働きを助ける高麗人参とのぼせを鎮めるケイヒが加わったものです。
色白で、緊張すると顔が赤くなりやすい、また車酔いしやすいなどの特徴があります。


・腎機能が弱く、冷え性で腰痛になりやすい人のむくみに使用する漢方薬

八味地黄丸(はちみじおうがん)

→腎の機能を活発にすることで、腰痛や頻尿、残尿感、冷えなどを改善します。一般的によく使用するのは、足腰が弱った老人で夜間頻尿や残尿感がある人に使用します。また、むくみの特徴として、押すとその部分がへこむことが多いです。
 

・貧血気味ではないが、冷えのぼせがあり、尿の出が悪くむくみやすい人に使用する漢方薬

五苓散(ごれいさん)

→のぼせを鎮めるケイヒと水分の代謝を促す、ソウジュツ、ブクリョウ、タクシャ、チョレイで構成された漢方薬です。
のどが渇いてたくさん水分を摂るけどれど、尿の量が少ないタイプに使用します。


・水太りでむくみがある人に使用する漢方薬

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

→色白で、筋肉があまりなく、汗かきで水太りしている人に使用します。筋肉にしまりがなく、関節痛などを起こしやすいタイプです。



一般的にむくみよく使用する漢方薬をご紹介しましたが、これら以外にも、その人の体質によって様々ありますので、詳しくは、ご相談下さい。

また、最初にむくみやすい原因として筋力が弱い、腎機能が弱いと説明しましたが、これらは、ウォーキングやストレッチをするこで解消できる場合も多いですので、是非、毎日30分程度のウォーキングをしましょう。

朝晩と涼しくなってきましたので、是非、この機会に始められてはいかがでしょうか。



電話相談:0773-42-0429
メール:info@yakuzenyu-yu.co.jp

(ご来店のお客様がいる時は掛け直して頂くことがあります。)

相談可能時間:平日9時~18時 日曜日10時~17時 定休日:木曜日、祝日
 

2016-09-03 18:59:32

むくみ   |  コメント(0)

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

お名前
URL
コメント