赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

送料無料

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは免疫の過剰反応によって起こるアレルギー疾患のひとつで、遺伝的なアレルギー性素因に起因するところが大きいが、その他にその人の食生活や、生活習慣、生活環境なども関係してきます。一般的にアトピー性皮膚炎の方は、皮膚の防衛力や保水力が乏しく正常な人よりも刺激を受けやすいですが、これらの遺伝的な素因を別にすると食生活の影響が大きく、食事に注意を払う必要があります。

西洋薬での治療はステロイド軟膏や免疫調整薬での治療でが主となり、一時的に良くなっても、薬の効果が切れるとまた再発し、根本的に治療するのが難しい病気です。
また、ステロイド薬は長期的に使用すると肌が浅黒く、木の皮のようにぶ厚くなったりという副作用もあります。

漢方ではアトピー性皮膚炎を乾燥性タイプと湿潤性タイプの大きく2つに分けて考えます。

・乾燥性タイプ・・・肌がカサカサ乾燥し、冬に悪化することが多く、パラパラと粉をふくタイプ。
炎症(熱感)を伴っている場合は温清飲(うんせいいん)
炎症(熱感)を伴わない場合は当帰飲子(とうきいんし)
を使用する場合が多いです。

・湿潤タイプ・・・夏に悪化することが多く、炎症(熱感)がありジュクジュクと滲出液が出てくるタイプ。
滲出液が多い場合は消風散(しょうふうさん)
滲出液が少なく炎症(赤み)が強い場合は黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を使用する場合が多いです。

単にアトピー性皮膚炎といっても症状や体質は千差万別です。上記以外にも、免疫力が弱い方や、子供で肌が弱い方、体毒が多い方など原因はいろいろと考えられ、個々の体質に合った漢方薬を服用することが大切です。

詳しく下記ブログに記載しております。

http://yakuzenyu-yu.co.jp/app/Blogarticlelist

商品一覧

並び順: