赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

送料無料

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  赤尾漢方薬局について

ごあいさつ

株式会社ヘルシーライフは1909年(明治42年)創業以来、漢方薬専門店として営業してまいりました。現在では、お客様の要望や社会情勢の変化により、営業形態も漢方専門薬局、介護支援事業所、補聴器販売、薬膳喫茶と広がってまいりました。
東洋医学も人類と共に自然の恩恵を受け繁栄してきましたように、弊社も自然との共生を基本に社会貢献していくことが大切だと考えております。これからも一人でも多くの方々に健康を贈り届けられますよう精進してまいりますので、今後とも、御指導賜りますよう宜しくお願い致します。

株式会社ヘルシーライフ
代表取締役 赤尾征樹

会社沿革・薬局開設許可証

1909年(明治42年)
赤尾冬吉が和漢薬問屋赤尾商店を創業
1950年(昭和25年)
赤尾定彦が引き継ぐ
1951年(昭和26年)
法人化により店名を株式会社赤尾商店に変更
1977年(昭和52年)
店名を株式会社赤尾商店 赤尾漢方薬局に変更
1985年(昭和60年)
赤尾健康堂薬局 開局
1989年(平成元年)
赤尾明俊が代表取締役に就任
2000年(平成12年)
介護支援事業としてケアショップ赤尾を開設
2004年(平成16年)
社名を株式会社ヘルシーライフに変更
2005年(平成17年)
本店(本町店、築後120年以上)の古民家を改造し、同店内に赤尾漢方薬局・薬膳喫茶「悠々」を併設
2009年(平成21年)
株式会社ヘルシーライフとして創業100年を迎える
2014年(平成26年)
リハビリ特化型デイサービス「活き活きクラブ」 開設
赤尾健康堂薬局 閉局
2015年(平成27年)
赤尾征樹が代表取締役に就任

薬局開設許可番号:中丹東第1006号
有効期間:平成23年5月3日から平成29年5月2日まで

医薬品販売に関する運営事項

第1 店舗の管理及び運営に関する事項
許可の区分 薬局
薬局開設者名、店舗名 株式会社ヘルシーライフ
赤尾漢方薬局
許可番号 中丹東第1006号 
許可年月日 平成29年4月28日
有効期間 平成29年5月3日から平成35年5月2日まで
所在地 京都府綾部市本町2丁目3
店舗管理者の氏名 赤尾征樹
当該店舗に勤務する薬剤師の氏名、登録番号、担当業務 赤尾征樹(登録番号:第376646号):
      担当業務:漢方相談、販売、発送業務
赤尾明俊(登録番号:第162615号):
      担当業務:漢方相談、販売
現在勤務中の薬剤師 月火水金土日:赤尾征樹
月火金土日:赤尾明俊
取り扱う一般医薬品の区分 第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
医薬品の使用期限 当店では医薬品の使用期限が最低6ヶ月以上のものを販売、お送り致します。
当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明

薬剤師 着衣:白衣着用 名札:氏名及び薬剤師と記載
一般従事者 着衣:エプロン 名札:氏名を記載 

店舗営業時間 平日:9時~19時 日曜:10時~18時
休日:木曜日、祝日
インターネット注文受付時間 24時間受け付けております。
個人情報の利用目的
当社は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用いたします。
当社による個人情報の収集・利用は、お客様の自発的な提供によるものであり、お客様が個人情報を提供された場合は、当社が本方針に則って個人情報を利用することをお客様が許諾したものとします。
・ご注文された当社の商品をお届けするうえで必要な業務
・新商品の案内など、お客様に有益かつ必要と思われる情報の提供
・業務遂行上で必要となる当社からの問い合わせ、確認、およびサービス向上のための意見収集
・各種のお問い合わせ対応
相談時及び緊急時の連絡先

TEL:0773-42-0429
メール:ayabe@akaokanpou.com

所管自治体・苦情相談窓口 中丹東保健所
TEL:0773-75-0805
 
第2 郵便販売等届出書の記載事項
許可番号及び年月日 中丹東第1006号 有効期間:平成29年5月3日から平成35年5月2日
薬局の名称 赤尾漢方薬局
薬局の所在地 京都府綾部市本町2丁目3
販売方法の概要 店舗販売、インターネット・電話による郵送販売
届出先 京都府知事、京都府保健所長
 
第3 一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項
要指導医薬品とは
販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられた医薬品。
医療用医薬品から一般用医薬品に移行したばかりで安全性評価が終わっていない市販薬(スイッチOTC薬)と劇薬がこれにあたる。
第1類医薬品とは 販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられた医薬品。
一般用医薬品としての市販経験が少なく、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって、その使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの。
第2類医薬品とは まれに日常生活に支障を来す健康被害が生じるおそれがある成分を含む医薬品で厚生労働大臣が指定するもの(第一類医薬品を除く)
第3類医薬品とは 第一類及び第二類以外のリスクが比較的低い一般用医薬品(日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含む医薬品)
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説 要指導医薬品に関しては「要指導医薬品」の文字を記載し枠で囲みます。
表記する一般用医薬品のリスク区分ごとに、「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 
第2類医薬品のうち、特に注意を要する指定第2類医薬品については[第(2)類医薬品]と表記してあります。
※(2)の表記については○で囲まれた表記になります。
インタネットによる販売サイト上での一般医薬品の表示に関する解説 表記する一般用医薬品のリスク区分ごとに、「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 
第2類医薬品のうち、特に注意を要する指定第2類医薬品については[第(2)類医薬品]と表記してあります。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び 
第3類医薬品の情報の提供に関する解説
要指導医薬品、第1類医薬品は薬剤師による情報提供・指導が義務付けられております。
第2類医薬品、第3類医薬品は薬剤師又は登録販売者による情報提供の努力義務があります。

また、リスク区分に関わらず、弊社宛に相談があった場合には薬剤師が対応します。
指定第二類医薬品の陳列等に関する解説 指定第2類医薬品とは特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するものであり、初めて購入される場合はご相談下さい。
指定第二類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
要指導医薬品、一般用医薬品の陳列に関する解説 要指導医薬品、第一類医薬品はカウンター内の手の届かない所定の場所に陳列します。 
また、第二類医薬品、第三類医薬品については、それらが混在しないように陳列します。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 医薬品は人の健康の保持増進に欠かせないものですが、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。 
このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、医薬品副作用被害救済制度です。 
 

<お問い合せ先>
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
TEL:0120-149-931  メール: kyufu@pmda.go.jp 
月~金(祝日・年末年始を除く) 9:00-17:30 

その他の記載事項 医薬品は、使用上の注意をよくお読みになり、用法・用量を守って、正しくお使いください。

 

赤尾居宅介護支援事業所・ケアショップ赤尾(介護事業)

居宅介護支援事業と福祉用具貸与事業を行い、高齢者や要介護者がより良い日常生活を営むために介護サービス計画の作成や福祉用具貸与など、トータル的な生活を支援しています。
お客様にご自分らしく、心からくつろげる毎日を過ごしていただけるよう、様々な介護用品を取り扱っております。

福祉用具貸与サービス

電動ベッド、及び付属品(サイドテーブル、サイドレール等)・車いす、及び付属品(車いすクッション等)・電動車いす・手すり・歩行器、歩行者・杖 その他、お体の状態に合わせて最適な用具を選定いたします。

福祉用具販売サービス

ポータブルトイレ・リハビリシューズ・前開きねまき、肌着・おむつ・シルバーカー・入浴(シャワーチェアー・すのこ等)・食事用エプロン、食器等食事関連用具 その他、お体の状態に合わせて最適な用具を選定いたします。

 

介護用品が必要な際は、是非お気軽にケアショップ赤尾の介護用品専門相談員にご相談ください。
お客様、ご家族様にとって最適な介護用品のご提案をいたします。


福利厚生

育児・介護休暇制度の導入

「子育て」社員を支援する、職種や勤務時間の変更を可能にする、インターンシップ受け入れ、若年者のトライアル勤務受け入れ。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

株式会社ヘルシーライフの社員は健康な日常生活をサポートするために心をこめてお手伝いさせていただきます。病気や介護に悩まれている方、お気軽にご相談下さい。
スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆様のご来局をお待ちしております。
ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。