赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  カゼ»  麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)エキス細粒60・30包(気管支ぜんそくや小児ぜんそくなどの咳)【第2類医薬品】

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)エキス細粒60・30包(気管支ぜんそくや小児ぜんそくなどの咳)【第2類医薬品】

【数量が3つ以下の場合、日本郵便クリックポストにて発送可能(この場合、日時指定はできませんのでご了承ください)】

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう) 【第2類医薬品】

【製造元】 松浦漢方株式会社

【効能・効果】

体力中等度以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの次の諸症:

せき、小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、感冒、痔の痛み

【用法・用量】

1日3回、食前又は食間に服用する。

大人(15才以上)      1回1 包(2.0g)
15才未満7才以上    1回2/3包(1.3g)
7才未満4才以上     1回1/2包(1.0g)
4才未満2才以上     1回1/3包(0.7g)
2才未満           1回1/4包(0.5g以下)

〔用法・用量に関連する注意〕
1) 用法・用量を厳守してください。
2) 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用さ
せてください。
3) 1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、
やむを得ない場合にのみ服用させてください。

【成分・分量】

本品3包(6.0g)又は6.0gは
マオウ…………………2.0g カンゾウ………………1.0g
キョウニン……………2.0g セッコウ………………5.0g
上記より製した麻杏甘石湯水製エキス1.8g(乾燥物換算で約0.9gに
相当)を含有する細粒剤です。添加物としてメタケイ酸アルミン酸
Mg、乳糖、バレイショデンプン、香料を含有します。
 
【漢方専門薬剤師からの注意点】

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を用いる人は比較的胃腸が丈夫な人で、暑がりな方が多いです。
裏(体内)に熱と水滞があるため、のどの渇きや発汗を伴います。
咳は比較的激しく、あまり痰は絡みません。

黄色い痰を絡む咳がでる人は柴朴湯(さいぼくとう)、水っぽい白い痰の絡む咳がでる人は小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、痰がなくのどな乾燥感のある空ゼキがでる人は麦門冬湯(ばくもんどうとう)、のどに何かが詰まったような違和感、もしくは胸の圧迫感や動悸を伴う咳がでるがある人は半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がいいです。

麻杏甘石湯は胃を冷やす力が強いので、これを服用して食欲減退する人は服用を止めてください。
 

  • 麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)エキス細粒60・30包(気管支ぜんそくや小児ぜんそくなどの咳)【第2類医薬品】

  • JANコード

    4987457060947

  • 販売価格

    1,465円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 〓使用上の注意〓
    してはいけないこと
    次の人は服用しないでください。 生後3 ヵ月未満の乳児
    相談すること
    1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    1)医師の治療を受けている人
    2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
    3)胃腸の弱い人
    4)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    5)胃腸の弱い人
    6)発汗傾向の著しい人
    7)高齢者
    8)次の症状のある人 むくみ、排尿困難
    9)次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
    2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 吐き気、食欲不振、胃部不快感
    まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
    症状の名称症状 偽アルドステロン症、ミオパチー 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
    3. 1 ヵ月位(感冒に服用する場合には5 ~ 6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    4. 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
     

    〓保管及び取扱い上の注意〓
    1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
    2)小児の手の届かない所に保管してください。
    3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
    4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
    5)分包剤で 1 包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2 日以内に使用してください。
    6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
関連商品