赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  麻黄湯350錠・1000錠・2000錠(風邪の初期の高熱・頭痛・関節痛)【第2類医薬品】

麻黄湯350錠・1000錠・2000錠(風邪の初期の高熱・頭痛・関節痛)【第2類医薬品】

麻黄湯(まおうとう)   【第2類医薬品】

【製造元】一元製薬株式会社

【効能・効果】

体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く
汗がでていないものの次の諸症:

感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり


【成分・分量】

1日量(15錠)中
日局マオウ末・・・・・・・5000mg   日局キョウニン末・・・・・5000mg   日局ケイヒ末・・・・・・・4000mg
日局カンゾウ末・・・・・・1500mg
より製した乾燥エキス1400mgを含有する。
添加物として、トウモロコシデンプン、乳糖、メタケイ酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウムを含有する。

【用法・用量】

大人   1回5錠
1日3回、毎食前又は食間に服用する。


【漢方専門薬剤師からの注意点】

麻黄湯(まおうとう)は、普段丈夫で体力がある人の風邪に用いる漢方薬です。症状としては激しい症状で、汗が出ず、高熱、寒気、頭痛、身体疼痛、咳などを伴います。
インフルエンザなどの高熱によく用います。

注意点としては老人などの体力のない人や、汗が自然に出ている人には用いません。体力のない人や汗が自然と出ている人に用いると、汗が出すぎて、身体が冷えて、逆に体力がなくなります。

一般的には葛根湯などを使用しても汗が出て熱が下がらない場合に用います。

体力がある人は、抵抗力が強いため、カゼウイルスと激しい戦争を起こすため、症状も激しく出やすいのが特徴です。

逆に体力がない人は抵抗力も弱いため、激しい症状は出ず、だらだらと微熱などの症状が続くのが特徴です。体力のない人は緩やかに症状を緩和する漢方薬を用いないと、薬に身体が負けてしまい逆に体力がなくなります。

  • 麻黄湯350錠・1000錠・2000錠(風邪の初期の高熱・頭痛・関節痛)【第2類医薬品】

  • JANコード

    4987346572087

  • 販売価格

    3,240円(税込) 12,500円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 定価

    3,675円(税込) 17,200円(税込)

  • 容量

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 〓使用上の注意〓
    してはいけないこと
    a 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    s 生後3 ヵ月未満の乳児
    相談すること
    1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    a医師の治療を受けている人
    s 妊婦又は妊娠していると思われる人
    d 胃腸の弱い人
    f 発汗傾向の著しい人
    g 高齢者
    h 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    j 次の症状のある人 排尿困難
    k 次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
    2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 吐き気、食欲不振、胃部不快感
    その他 発汗過多、全身脱力感
    3. 1 ヵ月位(感冒、鼻かぜに服用する場合には5 ~ 6 回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文
    書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
     
関連商品