赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  うつ病»  柴朴湯(サイボクトウ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(痰のからむセキ、気管支喘息、自律神経失調症などに)【薬局製剤】

柴朴湯(サイボクトウ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(痰のからむセキ、気管支喘息、自律神経失調症などに)【薬局製剤】

柴朴湯(サイボクトウ) 【薬局製剤】

【製造元】赤尾漢方薬局

【効能・効果】

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:

気管支ぜんそく、小児ぜんそく、せき、気管支炎、不安神経症

【服用方法】

1日分(1袋)を袋のまま水 約600cc に入れ
半量まで、とろ火にて、約40~50分程かけて煎じ、
1日3回、食前(30分以内)又は、食間(食後2.3時間)に温めて
服用してください。
煎じた後の袋は必ず、よくしぼって捨ててください。

【成分・分量】1日分(1袋分)

柴胡(サイコ)・・・・・・7g   半夏(ハンゲ)・・・・8g
生姜(ショウキョウ)・・・1g   黄〓(オウゴン)・・・3g
大棗(タイソウ)・・・・・3g   人参(ニンジン)・・・3g
甘草(カンゾウ)・・・・・2g   厚朴(コウボク)・・・3g
蘇葉(ソヨウ)・・・・・・3g   茯苓(ブクリョウ)・・5g

【漢方専門薬剤師からの注意点】

「柴朴湯(さいぼくとう)」は「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」と「小柴胡湯(しょうさいことう)」が合わさった漢方薬で、半夏厚朴湯の症状を伴い、プラス口の苦みや食欲不振、胸から脇にかけて張ったような感じや痛みがある不安神経症や黄色い痰の絡むセキ、気管支ぜんそくに使用します。
 

  • 柴朴湯(サイボクトウ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(痰のからむセキ、気管支喘息、自律神経失調症などに)【薬局製剤】

  • 販売価格

    5,400円(税込) 16,200円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 容量

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • ¡使用上の注意¡
    してはいけないこと
    次の人は服用しないでください。  生後3 ヵ月未満の乳児
    相談すること
    1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    a医師の治療を受けている人
    s妊婦又は妊娠していると思われる人
    d体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    f高齢者
    g今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    h次の症状のある人むくみ
    j次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病
    2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、
    薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位  症状    皮膚     発疹・発赤、かゆみ
                   その他頻尿、排尿痛、血尿、残尿感
    まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
    症状の名称  症状
    間質性肺炎   階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空
    せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
    偽アルドステロン症、ミオパチー   手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
    肝機能障害   発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
    3. 1 ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談
    してください。
    4. 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
関連商品