赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  四物湯350錠・1000錠・2000錠(貧血気味の方の冷え性、生理不順)【第2類医薬品】

四物湯350錠・1000錠・2000錠(貧血気味の方の冷え性、生理不順)【第2類医薬品】

四物湯(しもつとう)  【第2類医薬品】

【製造元】一元製薬株式会社

【効能・効果】

体力虚弱で、冷え症で皮膚が乾燥、色つやの悪い体質で胃腸障害のないものの次の諸症:

月経不順、月経異常、更年期障害、血の道症、冷え性、しもやけ、しみ、貧血、産後あるいは流産後の疲労回復

※)効能・効果に関連する注意
血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。


【用法・用量】

大人   1回4~6錠
1日3回、食前1時間、又は空腹時に服用する。

【成分・分量】

(本品100錠中)
日局シャクヤク末・・・・・5.6g
日局トウキ末・・・・・・・5.6g
日局センキュウ末・・・・・5.6g
局外生規ジオウ末・・・・・5.6g
自社製別紙規格水性エキス:2.6g

【漢方専門薬剤師からの注意点】

四物湯(しもつとう)は胃腸虚弱でない方の貧血による生理不順や生理痛、更年期障害、不妊症、冷え性、皮膚の乾燥などに使用される漢方薬であり、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、温清飲(うんせいいん)など多くの漢方薬にも含まれております。

当帰芍薬散は四物湯からジオウを去ってビャクジュツ、ブクリョウ、タクシャを加えたもので、貧血がありむくみなどの水毒症状を伴う場合に使用します。

十全大補湯は四物湯に四君子湯(しくんしとう)を組み合わせた漢方薬で貧血があり胃腸も弱く気力も低下している状態に使用します。

温清飲(うんせいいん)は四物湯に黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を組み合わせた漢方薬で、皮膚の乾燥があり熱症状(アトピー性皮膚炎などによって皮膚が赤く炎症をもっている)を伴う場合に使用します。
他にも四物湯が元となって作られている漢方薬は様々あります。

  • 四物湯350錠・1000錠・2000錠(貧血気味の方の冷え性、生理不順)【第2類医薬品】

  • JANコード

    4987346332087

  • 販売価格

    3,240円(税込) 12,500円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 定価

    3,575円(税込) 17,200円(税込)

  • 容量

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • ¡使用上の注意¡
    次の人は服用しないでください。  生後3 ヵ月未満の乳児
    相談すること
    1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    a医師の治療を受けている人
    s妊婦又は妊娠していると思われる人
    d体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    f胃腸の弱い人
    g下痢しやすい人
    h今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、
    薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位  症状
    皮 膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 胃部不快感、食欲不振、腹痛
    3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中
    止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 下痢
    4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談
    してください。
     
     
関連商品