赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  小建中湯350錠・1000錠・2000錠(胃腸虚弱、おねしょ、腹痛など)【第2類医薬品】

小建中湯350錠・1000錠・2000錠(胃腸虚弱、おねしょ、腹痛など)【第2類医薬品】

小建中湯(しょうけんちゅうとう) 【第2類医薬品】

【製造元】一元製薬株式会社

【効能・効果】

体力虚弱で、疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸、手足のほてり、冷え、ねあせ、鼻血、
頻尿および多尿などを伴うものの次の諸症:

小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、小児夜尿症、夜泣き


【用法・用量】

大人       1回4~8錠
7~13歳まで  1回2~4錠
3~6歳まで   1回1~2錠
1日3回、食前1時間、温湯で服用

●用法・用量に関する注意
小児に服用させる場合は保護者の指導監督のもとに服用させること。

【成分・分量】

(本品100錠中)
日局 ケイヒ末・・・・・・・・2.7g  日局 シャヤク末・・・・・・・4.0g   日局 ショウキョウ末・・・・・1.3g
日局 カンゾウ末・・・・・・1.3g  日局外 水あめ・・・・・・・・13.0g  別紙規格(1)タイソウ末・・・・2.7g

【漢方専門薬剤師からの注意点】

小建中湯(しょうけんちゅうとう)は元々、虚弱体質で疲労しやすい人や虚弱児童の改善薬として用いる漢方薬ですが、丈夫な人でも無理を重ねて、ひどく疲労しているときなどにも使用します。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)を用いる人は、一般的には痩せ型で、胃腸が弱く食べても太りにくく、血色が悪いタイプが多く、このような人が腹満や腹痛、疲労倦怠感を訴える場合に使用します。

小建中湯は特に小児に用いる場合が多く、虚弱体質の改善やおねしょ(夜尿症)、腹力が弱く下痢や便秘を繰り返すような場合に用います。

  • 小建中湯350錠・1000錠・2000錠(胃腸虚弱、おねしょ、腹痛など)【第2類医薬品】

  • JANコード

    4987346322088

  • 販売価格

    3,240円(税込) 12,500円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 容量

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 〓使用上の注意〓
    相談すること
    1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    a 医師の治療を受けている人
    s 妊婦又は妊娠していると思われる人
    d 吐き気、嘔吐のある人
    e今までに薬などにより発疹、発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位 症状 
    皮膚 発疹、発赤、かゆみ
    3. 1 ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談
    してください。
関連商品