赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬(症状別)»  更年期障害»  抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(神経がたかぶりやすい人の不眠症や神経症、更年期障害)【薬局製剤】

抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(神経がたかぶりやすい人の不眠症や神経症、更年期障害)【薬局製剤】

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)【薬局製剤】

【製造元】赤尾漢方薬局

【効能・効果】

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:

神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症

【服用方法】

1日分(1袋)を袋のまま水 約600cc に入れ
半量まで、とろ火にて、約40~50分程かけて煎じ、
1日3回、食前(30分以内)又は、食間(食後2.3時間)に温めて
服用してください。
煎じた後の袋は必ず、よく絞って捨ててください。

【成分・分量】1日分(1袋分)

当帰(トウキ)・・・・・・3g   釣藤鈎(チョウトウコウ)・・・3g
川キュウ(センキュウ) ・・・3g   白朮(ビャクジュツ)・・・・・4g
茯苓(ブクリョウ)・・・・4g   柴胡(サイコ)・・・・・・・・2g
甘草(カンゾウ)・・・・・1.5g  陳皮(チンピ)・・・・・・・・3g
半夏(ハンゲ)・・・・・・3g

【漢方専門薬剤師の注意点】

抑肝散加陳皮半夏を用いる人の特徴としては、胃腸が弱く、興奮しやすく怒りっぽい、イライラしやすい、せっかちなどが特徴です。

更年期障害には、加味逍遥散や半夏厚朴湯、抑肝散加陳皮半夏、当帰芍薬散などがよく用いられます。

加味逍遥散はイライラしやすく、冷えののぼせや、肩こりが強く、便秘傾向があります。

半夏厚朴湯を用いる人は神経質、几帳面、心配性などの性格で、のどに何か詰まったような感じがよくあります。

当帰芍薬散を用いる人は、貧血気味でめまいや立ち眩みをしやすく、むくみやすいなどが特徴です。


不眠症には抑肝散加陳皮半夏の他に酸棗仁湯、黄連解毒湯、柴胡加竜骨牡蠣湯などがよく用いられます。

抑肝散加陳皮半夏は比較的体力があまりなく、貧血気味で神経が高ぶりイライラしやすく、怒りっぽいという人の不眠症に使用します。

酸棗仁湯は体力がなく眠れない、老人などの不眠症によく使用します。

黄連解毒湯は比較的体力がある方で、のぼせて顔が赤くなり易く、
充血などもしやすい人が、神経が高ぶって眠れない人の不眠症に使用します。

柴胡加竜骨牡蠣湯を用いる人はガッチリとした体格の人ですが、ストレスなどで気がうまく巡らず、不安になったり、イライラしたり、神経が高ぶって眠れない人の不眠症に使用します。

  • 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ) 煎じ薬10日分・20日分・30日分(神経がたかぶりやすい人の不眠症や神経症、更年期障害)【薬局製剤】

  • 販売価格

    4,320円(税込) 12,000円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 容量

  • 購入数

カートに入れる(大)
関連商品