赤尾漢方薬局

赤尾漢方薬局│漢方薬、薬膳茶、健康茶、健康食品等の販売

 

コンテンツ

送料無料

 

会員登録

漢方薬の専門店 赤尾漢方薬局 店舗ホームページはこちら

創業明治42年の漢方薬局です。
健康や商品についてご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0773-42-0429


大きな地図で見る

J-FEC

エコショップ


リンク

HOME»  漢方薬 Q&A

漢方薬 Q&A

 

Q1 漢方薬とは?

漢方薬は中国で生まれ、日本人の体質や日本の風土に合わせ独自の発展をしてきました。
漢方薬は症状を改善するために体質や体力に応じて2~数十種類の生薬で構成された処方を使用します。

 

 

Q2 漢方薬は長く飲まないと効かない?

そんなことはありません!病気の状態によります!
カゼや胃炎、花粉症などの急性症状で、処方が適切であれば、服用後30 分程度で効いてきます。
一方、慢性化した病気、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、アトピーなどの体質的な病気では、比較的長期服用してはじめて効果が出ます。
効果がでるまでの期間は病状や体力によっても異なりますが、1ヶ月服用しても変化が感じられない場合は、一度ご相談下さい。

 

 

Q3 煎じ薬、エキス剤、錠剤の違いは?

一言で言うと「効果」です。よくエキス剤はインスタントコーヒー様で、煎じ薬は本格ドリップコーヒー様に例えられます。ドリップコーヒーの方が香りがよく美味しいのと同じで、コトコト40 分程煎じた煎じ薬の方が味も香りも効果も良いです。しかし、毎日煎じるのは大変ですので、一般的にはエキス剤を使用する場合が多いです。
煎じ薬の効果を100 とするとエキス剤では70 ~ 80 程度、錠剤では50 ~ 60 程度となります。

 

 

Q4 漢方薬に副作用はない?

症状、体質に適した漢方薬であればほとんどの場合ありません。
漢方薬は病名が同じでも虚実(虚弱な人と丈夫な人)によって処方が異なります。そのため体に合わなければ、副作用が出ることもあります。また、ごくまれに漢方薬に含まれている生薬が合わないことがあります。

 

 

Q5 漢方薬と西洋薬の違いは?

漢方薬は数種類の生薬で構成され、多くの成分を含んでいるため、一つの漢方薬でいろいろな症状に効果を発揮します。逆に、西洋薬は人工的に化学合成された物質で、その多くは一つの成分で構成されているため局所的に効果を発揮します。
また、漢方薬は身体の崩れたバランスを整えるために、免疫力、治癒力を高めて症状を治します。逆に、西洋薬は即効性が強く対処的に症状を鎮めます。
例えば、頭痛の場合、西洋薬では鎮痛剤(痛み止め)が処方されますが漢方薬ではその原因(冷えや肩こり、生理痛、ストレスなど)や体質よって、処方が異なります。

 

 

Q6 他の薬(西洋薬または他の漢方薬)と併用しても大丈夫?

西洋薬との併用は基本的には問題ありません。時間をずらして服用して頂ければ大丈夫です。漢方薬の場合は、成分が重複している場合や、作用が逆になっている場合などがありますので、一度ご相談下さい。

 

 

Q7 妊娠中でも漢方薬は服用できる?

妊娠中に、急性病(カゼや胃腸病など)や慢性病(皮膚病や腎炎など)に患っている方や流産予防や貧血、むくみ、胎児の発育促進などを目的に服用する漢方薬もありますが、服用できない漢方薬もありますので、一度ご相談下さい。

 

 

Q8 自分に効いた漢方薬を他人に飲ませても大丈夫?

基本的にはいけません。漢方薬は原因や体質、体力によって処方が異なります。